見付天神とつつじ公園

静岡県磐田市見付1114−2        

 当神社は、古くから学業成就・健康守護・五穀豊穣・安産子育ての神として「見付のお天神様」と崇敬されています。
受験合格祈願や厄除祈願、初宮詣等でおまいりされる方が多くみえます。
見付天神裸祭は、毎年盛大に行われていますが、その昔は泣き祭りといって、人身御供の行事が行われていたそうです。

毎年八月の初めになると、どこからともなく、白羽の矢が町家の棟高く突きささっています。矢を立てられた家には、 必ず年頃の娘がいましたが、この家を年番といって、そこの娘を生きたまま白木の箱に入れて、 8月10日の真夜中に見付天神へお供えする習慣になっていました。

里人は、今年も泣く泣く年番の娘を白木の柩に入れて、多勢でかつぎあげて、一点の灯火も見えない真っ暗の山道を天神社へ向い 、社前に降ろします。あとは、韋駄天走りで逃げ帰ります。やがて、天地鳴動して怪神が現われ、 柩をかき破り、娘を眺めて大きな声をあげてこれをもてあそび、遂に食い殺してしまいます。人々は、このような悲しいできごとを 毎年繰り返しながら、泣き祭りを続けていたのです。 延慶の年(1308年)に、雲水(僧)が見付の宿へ来て、この泣き祭りの話を聞いて哀れに思い、 何とかこのようなことがなくなるようにできないものかと、苦心難行の修法をしました。その結果、 これは妖怪の仕業であることがわかりました。そして修法の中で妖怪たちの話声をちらっと聞きました。
 「信濃の国の悉平太郎に知らせるな。悉平太郎がこわい」
これを聞いた旅の雲水は、里人たちの応援を得て、悉平太郎を尋ねる旅に出ることになりました。
信濃の国へ行って悉平太郎という強い人を探しますが、どうにもわかりません。村人の悲しさを考えて、 更に根気よく探しているうちに、光前寺(駒ヶ根市)に飼われている骨格のたくましい猛犬だということがわかったので、 寺僧に会って、詳しく泣き祭りの話をして、悉平太郎を借り受けたいとお願いをしました。
  寺僧は、
「悉平太郎が里人のお役にたつことならば、お貸ししましょう」
と承諾してくれたので、悉平太郎を伴って見付へ立戻りました。
次の年の八月になって、又民家の屋根棟に一本の白羽の矢が立ちました。雲水はじめ村人たちは、必死になって娘をかくし、 柩には悉平太郎を入れて、例年のように見付天神の社前へ置いて早々に帰りました。村人たちは、 見付天神の山の様子を息をころして伺っています。
やがて山内鳴動(山の方で地ひびき)して、妖怪が現われました。みりみりと柩を破るやいなや、中にいた悉平太郎は 猛然ととび出して、妖怪に襲いかかりました。悉平太郎と妖怪の格闘の響き声がものすごく聞こえてきます。
長い格闘の末、静かになり、ついに妖怪はかみ殺されてしまいます。
翌日村人が、恐る恐る見付天神へきてみると、年経た狒々(ひひ)が血に塗れて巨体を横たえています。周囲を見回すと、 いかにものすごい闘いであったかを示すように、いろいろなものが散乱していて、目をおおうようなありさまでした。
その横では悉平太郎が負傷をしていましたが、幸いにも生きていました。村人は、悉平太郎の立派な働きぶりに感謝するとともに、 ていねいにお礼を言って光前寺へ送り届けたといいます。このあと、大般若経六百巻を書き写して、お礼に奉納したともいいます。
磐田では悉平太郎と呼んでいますが、駒ヶ根地方では早太郎、又は疾風太郎とも呼んでいます。
悉平太郎については後日談がたくさん残っています。一説では、重傷を負いこの地に倒れたので人々は、 天神社横へ山神として祀ったともいいます。又、秋葉街道犬居、阿多古大宮付近にて死亡したという話もあります。
光前寺には「霊犬早太郎の碑」があって、無事帰山したものという話が伝わっています。
見付天神のHPより
 

 霊犬神社
当神社には、人身御供の伝説が残されております。
正和年中(約六百六十余年前)現在の駒ヶ根市光前寺より、悉平太郎という名犬を借り受けて怪物を退治し、人身御供という 悲しいならわしを断ち切り、平和な見付の町にも戻したいうものです。
その謝恩のために当社社僧が奉納した大般若経は、現在寺宝として光前寺に保存され、 磐田市と駒ヶ根市友好都市のきずなとなっております。
霊犬神社は、犬を祀った日本唯一の神社として、近年はペット愛好家の方々に深く崇敬されております。
 

 磐田市営つつじ公園
遠州一を誇る(現)磐田市営つつじ公園つくりの計画が、見付町議会で可決されたのは大正四年(1925年)6月21日でした。 しかし、当時の世界情勢は「世界だ一世界大戦」が勃発する当の非常時であった為、計画は順延され、その後、昭和8年 (1933年)、観光事業の一環として見付商工会が音頭をとり、「見付天神つつじ公園造成事業」として本格的に討議され、 昭和9年5月6日、天神社裏山美化促進運動発起人会が開催されました。
発起人会には、当時の見付商工会長小栗久平、副会長大橋仁平氏当他、縣剛、宮城源一、金田順平、鈴木精一、一木粂吉氏当が出席、 公園の造成計画が本格的に開始されました。
縣剛、宮城源一氏当は、つつじ寄贈を依頼し磐田群下を歩き、前島亮治町長も見付町民の熱意に賛意を示し、事業推進がなされました。 大池のある松林は水野正冶氏が寄贈、一木粂吉氏は多大な造成費用を寄付し、町民一丸となり、昭和10年3月、 工事は見事に完了し、同年4月28日、開園されました。現在、公園内には約30種、3500本のつつじ、さつき、桜、藤等が 植樹されています。