2018年更新記録

 20180130更新
 
光林山 積雲院
静岡県袋井市友永648
積雲院は、文治元年(1185)に源頼朝が兄の朝長の菩提を弔うために建立されたと伝えられている古刹です。 聖観世音菩薩をご本尊とし、天正16年(1588)に可睡斎十一世仙麟等膳和尚(せんりんとうぜんおしょう)によって 再興され曹洞宗に回収されました。