草木の芽 NO3

花の写真のページはホームページを開いても沢山ありますが、草木の芽のページは有りません? 草木の芽は、花と同じく個性的な顔をしており花の美しさとまた違い、観賞深いものがあります。 下手な写真ですけどUPしていきたいと思います。
写真をクリックして頂けると、大きな写真で見ることが出来きます。

201505028さるすべり

    幹の肥大成長に伴って古い樹皮のコルク層が剥がれ落ち、新しいすべすべした感触の樹皮が表面に現れて更新していくことにより、 猿が登ろうとしても、滑ってしまうということで、猿滑と表記することもある(実際には猿は滑ることなく簡単に上ってしまう)。


  201402028アオキ
    アオキ
葉が常緑で、いつも青々としていているため。アオキバ(青木葉)に由来し、日本の古来種であることを示す。 アオキの実は楕円形の核果で、秋から冬に赤く熟し、春までには鳥に取られるか、落ちてしまう。

  201306030 サンシュユ
    サンシュユ
中国・朝鮮原産早春、葉の出る前に黄色の小花多数が集まって咲く。果実は長さ1,5pの楕円形で赤く熟す。

201305030 胡桃
    胡桃
クルミの芽…花芽かな?後日見ましたら身が付いておりましたので花芽

201304030 牡丹
    牡丹
元は薬用として利用されていたが、盛唐期以降、牡丹の花が「花の王」として他のどの花よりも愛好されるようになった。

201303020 珊瑚樹
    サンゴジュ
初夏に円錐花序を出して小型の花を多数開花し、果実が秋に赤く熟して美しい。それをサンゴに例えて名付けられた。 厚く水分の多い葉や枝が火災の延焼防止に役立つともいわれ、防火樹として庭木や生垣によく用いられる。