猫旅 バックナンバー

NO90
 中部山岳国立公園 栂池自然園
標高1,880mの山腹に広がる栂池自然園は、総面積100ヘクタール、一周約5.5kmの遊歩道が設けられ、気軽に楽しめるトレッキングコースです。
NO89
 石廊崎
伊豆半島最南端の岬で相模湾と遠州灘の怒濤を受ける絶壁、その海岸線の多くは、海底火山から噴出した火山灰や溶岩からできているため、 海の中に岩山が見られ、それらは長年の波の浸食によって険しい地形になっています。
NO88
 箱根湿生花園
箱根湿生花園は、湿原をはじめとして川や湖沼などの水湿地に生育している植物を中心にした植物園です。
NO87
 中山道 福島宿
中山道木曽宿、木曽川をまたいで発展した宿で、川の東側には山村代官所があり西側には山村代官屋敷があります。
NO86
 城ケ崎文化資料館
レトログッズと伊豆高原(八幡野)周辺の郷土資料を集めた博物館です。
NO85
 櫻山八幡宮
聖武天皇の御代(8世紀)諸国に八幡信仰が栄え、往古は数百本の桜樹が花を競い境内はいっそう整えられたとも言われる。
NO84
 木曽 萬松山興禅寺
木曽家と木曽代官山村家代々の菩提寺で、境内の裏門を出ると墓所があります。
NO83
 木曽義仲館と徳音寺
木曽義仲が母小枝御前を葬った寺で、一族の菩提寺。境内には義仲・巴御前らの墓があります。 四季を通じて様々な趣ある様子が見れ、木曽八景の一つ「徳音寺の晩鐘」にも数えられています。
NO82
 木曽 御料館
「御料館」は木曽町の建物で、文化財でもあります。この建物ですが、もともと宮内省御料局、後の帝室林野局の木曽庁舎でした。
NO81
 須原宿 定勝寺
須原宿にある国指定の重要文化財の定勝寺は、木曽路の中でも最古刹です。嘉慶年間に木曽家十一代の源親豊が木曽川畔に創建しました。
NO80
 下田八幡神社と大安禅寺
ここで神を敬い信仰する人が祈れば必ずそれに応えられた。その後、長き歳月を経たが、朝比奈家二代が下田領主であった時、「正八幡宮は下田の鎮守本社である。」
NO79
 下田 八幡山 宝福寺
永禄2年(1559)11月、信長の圧迫をのがれ、本願寺第11代顕如並に法孫釈了善、真言を改め開基。 文久3年1月16日、宝福寺に滞在中の山内容堂に 勝海舟が来山し、坂本龍馬の脱藩の罪の許しを乞い、許される。当日、龍馬は町の旅館にあって、その朗報を待っていた。
NO78
 中山道奈良井宿
奈良井宿は、中山道中67宿中江戸側の板橋宿から数えて34番目、京都側の森山宿から数えて34番目にあり中山道のど真ん中にあります。
NO77
 伊豆大室山
「山焼き」(大室山の山焼きは山の保全と、良質なカヤを採取することを目的として始まったといわれています。
NO76
 河津カーネーション見本園
かわづカーネーション見本園には、新品種を試験栽培している特別棟を含め、3棟のビニールハウスがあります。ハウス内なので冬でも暖かく、 雨に濡れずに色とりどりのカーネーションを見ることができます。
NO75
 三保の松原と富士山と清水灯台
名勝「三保松原」は、静岡県静岡市清水区に位置し、駿河湾に突き出た三保半島の海岸線に沿って7kmにわたり約5万本のクロマツが茂る松原です。
NO74
 あわしまマリンパーク
淡島水族館は、「淡島の海」をテーマにした水族館で、淡島の周りの海で生活している生き物たちを展示飼育しています。
NO73
 半田レンガ建物と新美南吉記念館
明治時代に建てられたレンガ建造物としては日本で五本の指に入る規模を誇りました。
新美南吉は童話「ごんぎつね」の作者として知られていますが、その他にもたくさんの童話や童謡、小説、戯曲、俳句、 短歌などを書き残しています。
NO72
 修善寺虹の郷
同園は伊豆半島の主要な温泉街の一つを有する修善寺温泉の中心から1.5kmほど 離れた山稜にあり、園内にはイギリス村、カナダ村などのテーマで施設および庭園が設けられている。
NO71
 治部坂高原スキー場のコスモス
植えられているのはスキー場のゲレンデで、広さは8ヘクタール。運営する治部坂観光が、夏場も観光スポットにしようと 「100万本のコスモスガーデン」として5年前に花畑にした。
NO70
 河口湖 富士御室浅間神社
白川郷・五箇山の合掌造り集落は、飛騨地方の白川郷と五箇山にある合掌造りの集落で、1995年12月9日にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。 現在は「世界遺産白川郷合掌造り保存財団」 などがその保存にあたっています。
NO69
 世界遺産 白川郷・五箇山
白川郷・五箇山の合掌造り集落は、飛騨地方の白川郷と五箇山にある合掌造りの集落で、1995年12月9日にユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されました。 現在は「世界遺産白川郷合掌造り保存財団」 などがその保存にあたっています。
NO68
 下呂温泉 醫王霊山 温泉寺
下呂には昔、湯ヶ峰から湧き出した温泉が突然止まってしまい村人が困りはてていた時、 薬師如来の化身といわれる白鷺が舞い降りて、新しい源泉を村人に知らせたという伝説があります
NO67
 黒部ダム
黒部ダムは石原裕次郎主演の映画「黒部の太陽」に描かれた事でも有名です。昭和31年から始まったダム建設には当時の金額で513億の 巨費が投じられ、延べ1,000万人もの人手により、実に7年の歳月を経て完成しました。
NO66
 岐阜県高山市古い街並み
飛騨高山とは、岐阜県北部にある高山市のことで、飛騨地方の中心にあるため、一般に『飛騨高山』と呼ばれています。旧高山市中心部は江戸時代以来の城下町・ 商家町の姿が保全されており、その景観から「飛騨の小京都」と呼ばれています。
NO65
 知多半島と半田市の観光
南知多町は三河湾国定公園、と南知多県立自然公園に指定されており、名所、旧跡、文化財、祭りなど観光資源は豊富にあります。 半田市を代表する「ごんぎつね」などの童話作家、新美南吉 の縁の地など、文化・歴史的な見所がたくさんあります。
NO64
 秋葉街道の雪と野瀬地区の土蔵群
長野県伊那市長谷市野瀬405番地1桜で有名な高遠(たかとう)から車で15〜20分程秋葉街道(今はバイパスが出来ています)を山間に入りますと、 野瀬地区に着きます。
NO63
 身延山久遠寺
日蓮宗総本山として知られ、年間を通して多くの参拝客でにぎわう。境内のシダレザクラも有名で満開の花は見事。信玄公は自署を加えた法華経を奉納。 関銭免除など日蓮の命日法要参拝者を優遇したと伝わります。
NO62
 兵越峠と下栗の里の紅葉
下栗の里は、南アルプスを望む飯田市上村の東面傾斜面にある標高800m?1,000mの地区です。最大傾斜38度の傾斜面に点在する耕地や家屋は、 遠山郷を代表する景観を作りあげています。平成21年には「にほんの里100選」にも選ばれました。
NO61
 妻籠の宿
江戸と京都を結ぶ中山道は、山深い木曽路を通ることから木曽街道ともよばれていました。中山道六十九次のうち江戸から数えて四十二番目の宿場となる 妻籠宿つまごじゅくは、中山道と伊那道が交差する交通の要衝として古くからにぎわいをみせていました。
NO60
 蓼科御泉水自然園
長野県が明治100年記念事業第一号として開設した自然園。蓼科牧場からゴンドラリフトで約5分の場所にあります。 園内はペットとご一緒にリードをつけてご入園いただけます。
NO59
 神祇大社
この神社は伊豆ぐらんぱる公園の反対側に鎮座しております。観光地らしく綺麗に掃除も行き届き明るく清潔な神社です。 参道の階段を上って振り返ると海が見え、境内には象形文字の刻まれた敷石が60個ほどあり、それをよく踏むと良いのだとか…言われております。
NO58
 諏訪 高島城と護国神社
高島城は諏訪湖に浮かぶ「浮城」といわれている。1598年に、日根野織部正高吉が設計し、完成したもの。明治時代に撤去されたが、昭和45年春に再建復興している。 現在の本丸には3層の天守閣があり、二の丸跡は庭園となっている。眼下には諏訪湖が広がり、遠く、富士山・八ヶ岳・穂高槍を遠望できる。
NO57
 長野 松本城
松本城は、三重の水堀に囲まれています。内側から「内堀」、「外堀」、「総堀」と呼んでいます。 ただし、本丸の北側では内堀が外堀と接続していて外堀と一体化しています。
NO56
 諏訪大社 本宮
諏訪大社(すわたいしゃ)は、長野県の諏訪湖の周辺に4箇所の境内地をもつ神社です。信濃國一之宮。神位は正一位。全国各地にある諏訪神社総本社であり、 国内にある最も古い神社の一つとされております。
NO55
 伊豆・三津シーパラダイス
静岡県で最大の水族館。古くより海獣の展示とショーではとても有名です。日本に初めてラッコを入れたのはこの水族館だし、 セイウチの飼育もここが初めてだったはずです。
NO54
 山梨県立フラワーセンター ハイジの村
アニメのオープニングで大きなブランコに揺られるハイジや物語の舞台マイエンフェルト、アルムの山も完全再現!
NO53
 玉泉寺と了仙寺
安政3年8月5日(1856.9.3)ハリスは、この日よりサンジャシント号をはなれ玉泉寺に入る。ここにわが国における最初の米国総領事館が開設された。
NO52
 河津七滝ループ橋
国道414号線、七滝大滝温泉への 入り口にある河津七滝ループ橋総延長1.1km、高さ45m 直80mの 巨大な2重のループ橋です 地震による土砂崩れの教訓を生かして 採用された
NO51
 地蔵寺
本尊延命地蔵願王菩薩像の体内には、さらにもう一つの本尊によく似た菩薩像がやどされています。
地蔵菩薩は、生まれてくる子供を護り、短命、若死にの難を免れさせてくれると言います。
NO50
 反射炉と江川邸
案内のパネルによると、江戸末期に作られたものとのこと。白っぽい耐火レンガを積み上げた高さ16メートルに及ぶ煙突が4基、 競うように天を衝いていました。
NO49
 日本大正村
明治末期の建物で木造百畳敷き一部4階建て、手動のエレベーター付きの当時としては巨大で貴重な建築物です。
NO48
 トヨタ鞍ヶ池記念館
トヨタ鞍ヶ池記念館は、トヨタ車生産台数累計1,000万台達成を記念して、昭和49年(1974)9月に竣工しました。
NO47
  石和温泉んと富士花鳥園・富士山
石和温泉旅館からの石和温泉の夜景
NO46
 松平東照宮
平八幡宮ともよばれ、松平家と地元の氏神として親しまれている。境内の松平家屋敷跡には産湯の井戸があるが、 この水は家康誕生のときも使われたといわれている。
NO45
 朝霧湖(大島ダム)
朝霧湖宇連川(大島川)を堰き止めてできた人工湖で、ナゴヤドーム7杯分。堤防の長さは160m、高さは70m弱。 ダムの高さを越え、自然に流れ出すさまは流水スライダー。
NO44
 南知多の旅
知多半島の先端部である師崎(もろざき)地区は昔から尾張国の支配者との関係が深く,祭神は建稲種命(たけいなだねのみこと) で尾張氏の祖先とされている人物であることからも分かる。「延喜式」(えんぎしき)にも知多三座の一つとして名を連ね, その社殿こそ小さいものの祭典には勅使の奉幣があるなど,重要な官社としての待遇を受けていた。
NO43
 元善光寺
元善光寺(もとぜんこうじ)は長野県飯田市座光寺にある寺。山号は定額山。元善光寺と名付けられる前は坐光寺 (ざこうじ)と呼ばれていた。本尊は善光寺如来。
NO42
 修禅寺、常連の滝、下田博物館
浄蓮の滝 伊豆半島のまん中に位置する伊豆市天城にある「浄蓮の滝」は日本の滝100選の ひとつでも有り四季を通じて多くの観光客・ハイカーで賑わいます。 また石川さゆり「天城越え」の歌に登場することで多くの人に知られ親しまれております。
NO41
 足助神社と町並み
昔、街道の宿場町として栄えた足助宿の面影を今に残す町です。白壁の土蔵や、格子戸、黒い板壁など、昔ながらの建物が残されております。
NO40
 吉良歴史民族館
吉良歴史民俗資料館には岩場古墳から見つかった出土品などが展示されています。
NO39
 遠山郷の旅
テレビで引っ越しサカイのコマーシャルで、有名になりました旧木沢小学校の木造校舎です。   
NO38
 ヘブンスそのはら〜富士見台高原
富士見台高原からは北アルプス、南アルプス、恵那山等を一望。山麓駅(標高800m)から山頂駅(標高1400m)までの2500mを、 12人乗りロープウェイ( 約10分)で結んでいる。春の水芭蕉に始まり秋の紅葉まで、四季折々の自然が楽しめる。
NO37
 三州足助屋敷
紅葉で有名な香嵐渓の一角に三州足助屋敷入り口の看板、ここからは時代スリップ・・・昭和初期〜中期に戻ったような感覚になりました。   
NO36
 四谷千枚田
四谷にある千枚田。鞍掛山のふもとの急斜面に850枚もの棚田がひろがる。日本の棚田百選に選ばれている美しい棚田です。
NO35
 城宝寺
渡辺崋山の菩提寺として名高い寺。山門内には崋山の句碑が建てられている。また、本 堂奧の崋山霊牌堂の天井画は有名。 山門わきには通称穴倉と呼ばれる城宝寺古墳が ある。
NO34
 音戯の郷
音戯の郷では、子供から大人までこの聴診器を使い、つけた時から、あなたの耳の感覚はパワーアップされ、今までと違う超感覚人間になります。 それに伴い、見るもの、触れるものなど、五感の全てが、研ぎ澄まされています。
NO33
 田原まつり会館
愛知県田原市田原町にある、田原まつり会館の正面です。何となくまつりに関係ありそうな建物の様子です。
NO32
 大井川鉄道千頭駅とSL
南アルプスあぷとラインの中では最も下流に位置する駅で、大井川鐵道本線・寸又峡温泉バスとの接続駅です。 駅周辺には土産物屋・食堂・観光案内所等もあります。 あぷとラインは千頭駅ホーム6番線からの発車です。
NO31
 熊野の長藤
国指定天然記念物 1本  県指定天然記念物 5本 国指定樹は、境内西北隅に位置し、幹は根本より分かれて二支幹となっている。 根本で約1.8mもある。
NO30
 小国神社のシャクナゲ 遠州森町
小国神社は自然が多く季節季節の花など咲き誇り、私達の目の保養をさせてくれます。今回は、シャクナゲと三山つつじとしだれ桜が見ることが出来ました。
NO29
 伊良子岬の旅
平成10年には思い出に残る灯台として「日本の灯台50選」にも選ばれています。
NO28
 美濃加茂の旅
美濃和紙の紙すきの実演の様子と、昼食に何処緑風荘の食事風景と、美味しい当日のお料理です。
NO27
 長良川鵜飼
長良川の鵜飼は古典漁法を今に伝える岐阜市の夏の風物詩。
NO26
 美濃和紙あかりアート館 岐阜県美濃市本住町1901-3
昭和初期に産業会館として建てられた国の登録有形文化財を利用し、美濃和紙を使った明かりをテーマに、 さまざまな明かりを紹介する施設。
NO25
 うだつの町並み 愛知県美濃加茂市
江戸時代に築かれたこの町は、地域性豊かな意匠や造形をもった伝統的な建造物が密度濃く残り、 特色ある歴史景観が保たれていることから、平成11年5月31日、保存地区に選定されました。
NO24
 井川大仏と絵本の郷
ここ南アルプス井川観光会館“絵本の郷”は、訪れた方々と地域の人々との交流を通じて、 井川の自然や文化を楽しむお手伝いをするための施設です。
NO23
 長島ダム 静岡県榛原郡川根本町地先 
「地域に開かれたダム」として、ダム堤体部の一般開放や貯水池周辺の 施設設置を許可する。
NO22
 榛原郡本川根町 寸又峡温泉
温泉や紅葉はもちろんの事、寸又峡には魅力いっぱいの自然の恵みがあなたをお待ちしております。
NO21
 掛川倉真温泉 真砂館と百観音
掛川の山里深き真砂館!歴史の匂い壮厳なりき掛川市街から北に向かうと、山間に素朴な温泉宿が現れる。
NO20
 スーパー林道天竜線の紅葉
スーパー林道は、天竜・東雲名を起点として、北遠地域を縦断し、水窪ダムに至る総延長52.9kmの林道です。
NO19
 信州(長野県)飯田市リンゴ狩り 
10月12日天気が良いので、思いつきで4歳の孫を連れ長野県飯田市にリンゴ狩りに出かけてきました。
NO18
 古都 京都
9月27日〜28日に中学の同級生の有志のグループと、中学の修学旅行に行った奈良、京都を旅してきました。
NO17
 古都 奈良
9月27日〜28日に中学の同級生の有志のグループと、中学の修学旅行に行った奈良、京都を旅してきました。
NO16
 国民宿舎 奥浜名湖荘  浜松市北区気賀
先日(11月26日)私が所属しておりますパソコンクラブの、親睦会で国民宿舎 奥浜名湖荘に出かけてまいりました。
NO15
 仔猫の古里 龍山町
旅行のページですけど、公私共々大変忙しく旅行に行く時がありませんが、先日お彼岸のお墓参りに故郷へ行ってきました。
NO14
 国民宿舎 舘山寺荘
先日、会社のOB会で舘山寺大草山にある「国民宿舎 舘山寺荘」に出かけてきました。
NO13
 日本平 静岡県静岡市
清水港をクルージングして、日本平の寿司バイキングへおなかもちょうどすいてきたころ、美味しい寿司をいっぱい頂きました。
NO12
 清水港 静岡県静岡市
パソコンクラブの親睦会で、清水港クルージングと日本平寿司バイキングに出かけましたときの様子を2回にわたり 掲載したいと思います。
NO11
 三河 三谷温泉
先日会社のOB会の新年宴会で三河三谷に出かけ・・・新年宴会ですので出発早々から飲み会になりました。
NO10
 飛騨 古川
飛騨古川は飛騨高山と同じく昔の町並みを保存された素敵な町でした。高山は前にも何回か訪れた事がありますが、古川は今回始めて訪れました。
NO9
 奥飛騨温泉と乗鞍
奥飛騨温泉と古川を回ってきました時の様子を掲載してみました。
NO8
 曹洞宗 普光寺
四百年以上前の十六世紀天正五年(1577)在罨儀存和尚(本寺、龍興寺)が開創した地域随一の 古刹である。以前は、大日如来を祀り、 長母寺を本寺とする真言宗だったという。
NO7
 静岡 山葵の老舗田丸屋
前回の静岡浅間神社参拝の帰りに、静岡の名産?山葵の老舗田丸屋の工場見学をして、大崩を通り焼津魚センターにより帰宅しました。
NO6
 静岡 浅間神社
神部(かんべ)神社、浅間(あさま)神社(以上2社同殿)及び大歳御祖(おおとしみや)神社の三社を総称して、静岡浅間神社と申し上げ、 何れもご創立は千古のむかしにさかのぼり、駿河国総社として広く信仰されている。
NO5
 国宝 明通寺本堂
大正10年6月から解体して大修理を行い、 大正12年2月に復元完成。昭和28年新国宝に再指定されました。
NO4
 若狭三方縄文博物館 福井県三方上中郡若狭町鳥浜
若狭三方縄文博物館は, この鳥浜貝塚の紹介をはじめとして、「縄文」をいろいろな方向からとらえることにより、 より多くの皆様に縄文に関心を!
NO3
 北陸福井県三方郡三方町常神
常神のソテツ
NO2
 恵林寺
武田信玄公、柳沢吉保公夫婦の菩提寺甲府市塩山小屋敷
NO1
 夏富士と白糸の滝音止の滝
高さ約25メートル、幅約5メートル水量は富士山への積雪、上流部への降水量等に大きく左右されます。